スタッフブログ

PAGE TO TOP

終活について 1の3

高齢者向け相談所を運営していると、「終活」について色々ご質問を受けるなかで、お伝えしたい内容が多い為3部作でブログを更新したいと思います。どうぞお付き合いください。

まず「終活」という言葉は2012年に流行語トップ10に選ばれ、少しずつ社会に溶け込み、今では普通に使われる言葉となりました。しかし実際に「終活」しているかと言ったらそうでもありません。60才以上の親を持つ男女にインターネット調査(2019年 株式会社エスエムエス)をしたところ終活について「話したことがない」は約6割というデータがあります。

終活は本来、残される子供達に負担をかけたくない、という思いから終活が始まりますが、終活の話を持ち出すと死を意識させてしまい、不安を煽ることがあります。そして「私が死んだら葬式はしなくていいよ」というのも、家族や親族内でしっかり考えた上での答えであればいいのですが、漠然と出した要望だけでは葬儀のトラブルの元になります。

「自分の葬儀は小さく、火葬だけでいいよ」と多くの方が望みますが、そうはいきません。

葬儀というのは残された人達の為にあるのです。

なかなか終活について話が出来ないという方も多いですが、「終活」についてテレビでも多く取り上げられるようになりました。その時親御さんと一緒に観ていれば、それがきっかけとなって話もし易くなります。ポストに投函された「終活」チラシも話をするきっかけになります。

次回のブログは実際の終活についてお話しします。

 

 


お問い合わせ

終活のことで、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
スタッフが親身になって、お客様と一緒に問題を解決いたします。

TEL : 0466-53-9115

c 2018 ikiiki plaza inc.